脱毛ラボ 立川

脱毛ラボ 立川店ってどこ?

 

【住所】
東京都立川市柴崎町2-1-4
五光トミオー第2ビル7F
喫茶店「シャノアール」があるビルの奥にあるエレベーターで7階へ上がって頂くと脱毛ラボ 立川店です。

 

【営業時間】
10:00〜22:00
会社帰りにも通いやすい夜10時まで営業!

 

 

 

脱毛ラボの良質な施術機材

 

脱毛ラボが行う革命的な「脱毛法」=「制毛」

 

イタリアのDEKA社が日本市場向けに開発した
従来の光脱毛とは違うマシンを導入。
DEKA社とはイタリアに本社がある医療用レーザー機器メーカーで
世界63カ国と取引を行っており、信頼の厚いメーカーです。

 

 

 

 

 

脱毛ラボが展開する7つの革命

都度払いシステム

来院時に「施術分」の料金を会計時に支払う「都度払いシステム」
高額ローン支払い一切なし!安心な料金システム!

 

 

 

全身脱毛プラン

1回の予約で、施術時間は60分。
全身の4分の1の場所が脱毛できます。
年間24回の予約が可能で、全身のどこでも好きなところを脱毛できます。
転勤や、引越しになっても、いつでもやめられることができる安心の月払いシステムです。

 

両ワキ脱毛6回が480円

両ワキ脱毛6回で4704円のところを「どこでも1ヶ所6回パック」購入で、480円に!

 

 

「あ、痛くない!」3つの安心保証

  1. 「痛みが少ない!を保証」
  2. 「肌トラブルサポート保証」
  3. 「抑毛効果を保証」

 

施術者は研修を受け選りすぐりの脱毛士

研修を受けた選りすぐりの脱毛士が安心の施術を行います。

 

医療顧問付きの安心サロン

医療顧問監修の元、お客様の安心に対して万全の体制を整えています。

 

 

全店舗が駅近徒歩0〜5分

仕事帰りや買い物帰りに便利!夜10時まで営業!

 

脱毛ラボの脱毛箇所とは?

自己処理か脱毛サロンか。

 

脱毛方法にはいくつかの種類があります。その方法の選び方について考えてみます。まず、自己処理についてです。自己処理の代表格はカミソリで剃る方法でしょう。この方法は、自分の好きな時間に好きなだけ処理を行えるということがメリットです。たとえば、入浴時にカミソリで剃ればそれで済んでしまうのです。つまり、とても気軽な方法だと言えます。また、最近では自宅で使える脱毛器具が発売されていますから、そのような器具を使うことで脱毛サロン並みのクオリティで脱毛をすることも可能です。もうひとつの方法が、脱毛ラボ 立川店に通うやり方です。脱毛ラボ 立川店に通えば、プロのエステティシャンの施術を受けることができます。エステティシャンは、脱毛に関するプロですのでその仕上がりはとても綺麗なものになります。しかも、随時相談をしながら施術を受けることができますので安心して通うことができます。デメリットとしては、脱毛ラボ 立川店に通わなければならないので自己処理よりは時間の拘束などのコストがかかるという点です。

 

カミソリで剃る方法と脱毛サロンでの施術について

 

脱毛することを考えるにあたり、最も頭を悩ませるのが脱毛方法の選択についてです。脱毛方法はいくつかの種類があるので、自分に最もあったものを選ぶべきです。しかし、その方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、双方を把握したうえで慎重に選ぶべきです。ですが、多くの女性は気軽に自己処理を選択する傾向にあります。自己処理とは、自宅において自分で処理をする方法を指します。たとえば、カミソリで剃る方法です。カミソリで剃る方法はこれまでもオーソドックスな方法として支持されてきたやり方です。しかし、一歩間違えれば肌荒れや出血といったトラブルを招きかねません。最近では専用のカミソリが発売されていますから、どうしてもカミソリで剃りたい場合にはそういった専用のカミソリを選んだほうが安心です。これらの自己処理の他に、脱毛ラボ 立川店で施術を受ける方法もあります。脱毛ラボ 立川店では、エステティシャンのカウンセリングを受けることができますので、安心して施術を受けることができます。

 

永久脱毛を望む女性に最適なのが医療用レーザーを使った脱毛手段です。普通のムダ毛処理サロンでは受けられず、クリニックで施術を受けることになります。脱毛効果は強いですが、施術中には軽い痛みがあります。ただし、痛みの感じ方には人による違いもあり、あまり違和感を持たない人もいます。いろいろな脱毛器がありますが、お風呂で使えるものもあります。お風呂で毛穴が開いてから脱毛器で抜けば痛みも楽になりますし、毛の飛散が周囲に及んでもシャワーで流せば終了です。脱毛器によりますが激しく電池が消耗する場合もありますから、充電式の電池で使った方がいいと思います。ムダ毛は部位により最も適切な脱毛法を選ぶことが必要です。例えばで言うと、iラインはできれば永久的な脱毛効果のある方法を選んだ方がよいでしょう。脱毛の効果が弱い方法だと何度も繰り返してiラインに施術する必要があるのです。ですので、脱毛効果の高いニードル脱毛でiラインをちゃんと脱毛するのが良いと思うのです。腕や足やワキ、顔面、背中など、ムダ毛の自己処理を日々やるのは楽ではありません。処理してもすぐに生えてくるため、不満を持っている人も多いはずです。そんな方には、脱毛ラボ 立川店での全身脱毛がいいかもしれません。メリットは、自宅でのいらない毛の処理が不要になることでしょう。それに、夏になってもムダ毛を気にせずアクティブに活動可能になります。光脱毛の施術を受けた後に冷たいジェルなどを使って、肌を落ち着かせてはくれますが、その日は少し赤いものが出る場合があります。特に夏に光脱毛を受けた場合は赤みが出る場合が多いように感じられます。そのような場合は自ら冷却タオルで冷やしたりして赤みを抑える処置をしています。脱毛ラボ 立川店は脱毛サロンです。特徴としては、全身のどのパーツの脱毛でも施術料金が均一であるということ、つまり、腕でもワキでもどこでも同じということです。たとえば、ワキの脱毛が格安と謳っていても、背中や腕、脛などその他の部位となると割高という脱毛サロンも、なくはないですから、総コストがすぐわかる料金表示は、ありがたいです。皮膚に直接塗布するジェル脱毛ではなく肌に直接触れない光脱毛なので、比較的短い時間で施術が終わります。脱毛ラボ 立川店の光脱毛に行っている友達の腕を見せてもらいました。脱毛効果がよくわかりました。肌トラブルになることもなく、ウキウキしながら、通っているそうです。一度や二度ではなく、定期的に通わなければ効果は出ないと説明されたため、効果が実感できなくても、きちんと通ったそうです。脱毛ラボ 立川店はアフターケアが万全のお店みたいなので、私も行きたいと思いました。脱毛器を使ったあと、肌が赤くなることがあります。そのときはもしかゆくても、こすってはいけません。時間を置かず風や水にあてて冷やすことで症状はおさまってくるでしょう。肌が赤くなるのは脱毛処理に伴う炎症のせいですので、即冷・清潔が第一です。もし、冷やしても症状が改善しない場合は、そのままにせず、皮膚科で相談しましょう。まして、悪化して化膿したり、水分が出てきたり、通常の脱毛以外の症状が見られる際は、放っておかず、専門家の適切な治療を受けるようにしましょう。ひとくちに脱毛器といっても、同じような効果が得られるというわけではありません。価格順で検索して安い脱毛器を見つけることはできますが、本当に脱毛効果があるのかどうか、その製品のレビューだけ見るのではなく、他の同等製品と比較するなどよく調べてから買ったほうが良いでしょう。安価な製品のレビューを見ると、痛すぎて、これであちこち脱毛しようとは到底思えないとか、洗えなくて気持ち悪いとか、音がうるさい、においがある(脱毛方式によります)といった使用するのにはちょっと難アリだったという声がよく聞かれます。脱毛器でそれなりの費用対効果を得るためには、安すぎる製品で良いのかどうか、購入する前によく考える慎重さも大事なのではないでしょうか。今、全身脱毛ってすっごい人気ですよね。昔と比較してみても、脱毛にかかる料金が格段に安くなったのも、脱毛をする人が増えた理由だと思います。全身脱毛をする場合に重要なのことがあるのですが、それは脱毛サロン、エステサロンの選択の仕方です。例えば、脱毛ラボ 立川店に行って無料カウンセリングで自分でお店の雰囲気を確認したり、ネットの評判を参考にして、とにかく信用できる脱毛エステを選びましょう。

 

脱毛ラボ 上野脱毛ラボ 姫路